ED無料相談室

熟年恋愛のパワーと恋愛・セックスそこで、問題になるのが、
多くの男性が悩みをかかえる『性欲→勃起→射精→オルガズム』
その中には、加齢によって男性ホルモンが減り抑うつ感などを
訴える男性更年期障害の方々もそうですし、勃起障害・勃起不全(ED)や
射精障害『早漏・遅漏・膣内で射精が出来ない膣内射精障害』等があります。
その中で、勃起障害に関してはED年齢とともに減少傾向になるからしょうがないと、
諦めている方が非常に多いです。、ED(勃起障害・勃起不全)とは、
男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり
『勃起機能の低下』を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。
専門的に言うと『性交時に十分な勃起が得られないため、
あるいは十分な勃起が維持できないために満足な性交が行えない状態の事をいう』
とされています。つまり、勃起が起こらないケースはもちろんですが
硬さが不十分な場合や中折れ状態(勃起状態が維持できない状態)など、
満足な性交を行う事が出来る勃起が得られない状態は、
すべてED(勃起不全)となります。1998年に行われた調査によると、
中等度EDとは「たまに勃起、性交中勃起は維持できる
『性欲はあるのに興奮しても勃起しない(勃起しても十分な勃起が得られない)』
『いつもダメな訳ではないのだけど、たまに起たない時がある』
『最近勃起しても長続きしまいようになった』『勃起しても十分に硬くならない』
『挿入しても柔らかくなって抜けてしまう』」と、
重度ED「勃起せずに性交不可能」の2種類に分けられます。
中等度EDと重度EDの日本人男性(成人)は、約1130万人でした。
年代別に見ると日本人男性の40歳代の5人に1人が中等症以上のED(勃起不全)、
50歳代の2.5人に1人が中等症以上のED(勃起不全)
60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。
本当に身近なの疾患と言えると思います。
もちろん病院で治療を受ける事もとても重要な事ですが、
それ以外にも、ちょっとしかカウンセリングを受けるだけでも
精神的に変わってくると思います。精神論では、
ありませんが精神的なものはとても重要です。
また膣内射精障害は思春期からの適切ではない方法により
マスターベーションが原因となっているそうです。
膣内射精障害の患者さんにアンケートをとると、
【おかず】答えは年代ごとに違いますが、80年代初めごろはビニール本、
裏本、グラビア雑誌などが多く、80年代後半は、ビニール本、
裏本、グラビア雑誌に裏ビデオが加わり、90年代に入るとアダルトビデオ、
DVDになりそれ以降は、ネットの普及でこれまでなかったほどの
超過激な性表現があるポルノ画像や動画が【おかず】として
活用されるようになっており「もはや何でもありNGの無い
世界になってしまっています。それほどまでに過剰な
性的刺激に慣れてしまって、そういう過激な性的刺激を
【おかず】として活用していたら、生身の女性とセックスし、
楽しむことは難しくなるのは想像するだけでもわかると思います。
勃起しても、いつも愛用の【おかず】ほどの性的興奮は得られず、
膣内で射精することは難しくなるかもしれないと言われています。
セックスはイマジネーションの要素がともて重要です。
かすかに漂う女性のシャンプーの香りを嗅いだだけで興奮した経験を、
女性のちょっとした仕草で見えてしまうチラリズム
(パンチラ・ブラチラ・胸チラ等)で興奮した経験があると思います。
その感覚をただしい、マスターベーションにより
取り戻せれば膣内射精障害の治療の一環として、
役立つのではないでしょうか??改善する可能性が高いからこそ、
気おくれせずに診察を受けてもらいたいものです